aga治療費でも、保険が適用される場合があります。ですが、
基本的には、aga治療は、生命や健康の維持に影響を与えず、美容整形と同じ容姿を美化するための治療と判断されるため、自由診療扱いとなります。

 

しかし、医療行為として、どうしても必要と判断される施術が施された場合は、医療費控除を受けることが出来る可能性が生じてきます。
医療費控除が受けられるかどうかは、税務署の判断になりますので、税務署に問い合わせをして確認されると良いでしょう。ただし、基本的には、芸能関係の職業など、容姿を維持することが職業上どうしても必要ということが説明できなければ、認められるのは困難かと思われます。

 

通常、aga治療にかかる費用は、一般の医療機関でのaga治療薬プロペシアの処方のみであれば、診察代と薬の処方料で月に7,000円程度です。もちろん病院によってトータルでの治療費は異なりますが、高くても1万円程度でしょう。

 

 

ただし、実際には処方薬以外の費用も必要となることは想定しておく必要があります。月に1万円は、あくまでも最低限の治療であるプロペシアの処方のみの治療費であり、aga専門のクリニックでaga治療を行う場合は、より薄毛治療に高い効果を発揮するミノキシジルを使用したり、クリニック独自の治療薬や医療行為も合わせて行われるため、aga治療費は、月に2万〜3万円はかかります。

 

aga治療薬プロペシアは、保険適用外の医薬品で健康保険が適用されないため、処方薬の費用は全額自己負担することになります。プロペシアを購入するだけで、月に1万円としても、年額で12万円の治療費がかかります。

 

aga治療は、医療費控除を受けられる可能性はゼロではありませんが、非常に低いと考えておいた方が良いでしょう。医療費控除が受けられないとなると、aga治療費はやはり負担になりますよね。そこで、出来るだけaga治療費を安く抑えるため、海外から個人輸入でプロペシアを入手される方も現れてきています。
特に、ジェネリック品は同じ成分ながら格安で販売されているため、ここ最近では、ジェネリック品を個人輸入される方が増えてきています。

 

しかし、正規品のジェネリック品を個人輸入出来るならまだ良いのですが、ネット上において流通しているジェネリック品の多くは偽造品であるとも言われています。また、個人輸入した医薬品を服用して万が一健康被害が生じても、公的制度での救済は一切受けられません。

 

日本国内では、医療費控除が受けられない可能性が高いため、プロペシアを個人輸入して治療費を抑えながら、個人の判断でaga治療を行っている方も確かにいるようです。しかし、万一失敗した場合の責任は自分ひとりで負うことになりますし、それ以上に重要なこととして、医薬品服用の効果が正しく現れているのかどうかの判断が正確に行えないという問題があります。

 

色々な事情はあると思いますが、あなたはあなたにとって非常に重要なことだからこそ、aga治療を検討しているのではないでしょうか。安心して治療に専念出来る、日本国内の医療機関等でaga治療を受けられることを推奨します。日本国内でも、初回の診断は無料で実施するなど、患者側の負担に配慮したクリニックが増えてきていますので、まずはご相談してみることをおすすめします。

 

ヘアメディカルビューティーの特徴

ヘアメディカルビューティーは女性のための頭髪治療の専門クリニックです。東京、名古屋、大阪、福岡にあるサロンでまずは初回診断無料でカウンセリングをしてくれます。

価格 評価 備考
初回は無料 評価5 無料カウンセリングあり
ヘアメディカルビューティーの総評

頭髪の悩みは人に相談できない女性も多いのではないでしょうか。まずは専門のカウンセリングをうけ、自分の頭髪の悩みを相談してみると気持ちも楽になりますよ。

ヘアメディカルの特徴

自分の抜け毛が増えてきた、女性の前で自信が持てなくなってしまったなどの悩みは専門科に無料でみてもらうことをおすすめします。こちらのサイトでは東京・大阪・名古屋などのサロンの予約ができ、無料で診断をしてくれるカウンセリングの予約が可能です。

価格 評価 備考
初回は無料 評価4 男性向けです