aga治療の治療薬と副作用について

 

 

aga治療で使用される治療薬は、主に、服用薬「プロペシア」と外用薬「ミノキシジル」の2種類です。プロペシアは脱毛抑制剤、抜け毛を防ぐ役割を果たします。ミノキシジルが発毛促進を担うという役割分担になっています。

 

 

プロペシアは、薄毛改善に効果が高いため、aga治療において必ず処方されるお薬です。

 

主成分であるフェナステリドは、もともと前立腺肥大症の治療薬として開発されたものですが、aga治療に効果があることがわかったことから、1997年にaga治療薬として認可されました。

 

このフェナステリドの副作用としては、性欲減退・勃起不全などが報告されています。また、継続使用による肝機能障害が起きる可能性があるとの報告もありますが、症状は軽く、発症率も数%とかなり低いため、定期的にクリニックで受診していれば、異常が発生した時点で服用を止めることも可能です。極度に心配する必要はありません。

 

外用薬のミノキシジルは、直接、毛母細胞に働きかけ、毛母細胞の分裂を活性化させることで発毛を促す治療薬です。

 

ミノキシジルは、血管拡張剤として開発されたものですが、服用した多くの患者が多毛症になることから、発毛効果があることがわかり、aga治療でも使用されるようになりました。
ミノキシジルは、元々、高血圧の治療薬であったことから、低血圧の方は、ミノキシジルによって、血圧が下がり過ぎてしまう危険が高くなるため、注意が必要です。

 

その他、頭皮のかゆみやかぶれ・皮膚炎・湿疹などの副作用を引き起こす可能性があります。

 

プロペシアもミノキシジルも、正式に認可されたaga治療薬であり、この2つの薬を使用することで、確実に薄毛は改善されていきます。
しかし、どちらもお薬ですので、副作用があることは十分に理解しておきましょう。プロペシアもミノキシジルも、現時点で副作用の発症率はかなり低く、安心と言われていますが、副作用の症状が現れたという方も実際にいらっしゃいます。

 

副作用を心配する事情が思い当たらない方でも、安心してaga治療に専念するためにも、aga治療をする前に、医師に相談することをオススメします。さらに、実際に治療を開始した後は、副作用が生じた場合の対処を考えても、専門クリニックを定期的に受診していることが重要となります。